素行障害(行為障害)

ikaku

素行障害(行為障害)とは年齢にふさわしくない反社会的な行動をとったり、他人の基本的な人権を無視・侵害してしまう障害のことをいいます。

症状

アメリカ精神医学会のDSM‐5(精神疾患の分類と診断の手引き)によると、以下のようなものが素行障害の症状とされています。

①しばしば他人をいじめ、脅迫したり威嚇(いかく)したりする。

②しばしば取っ組み合いの喧嘩(けんか)をする。

③ナイフなど他人に重大な身体的危害を与える武器を使用したことがある。

④人に対して身体的に残酷だったことがある。

⑤動物に対して身体的に残酷だったことがある。

⑥背後から襲う強盗、ひったくり、強奪などをしたことがある。

⑦性行為を強いたことがある。

⑧故意に放火したことがある。

⑨他人の所有物を故意に破壊したことがある。

⑩他人の住居、建造物または車に侵入したことがある。

⑪しばしば嘘(うそ)をつく。

⑫万引き、偽造などをしたことがある。

⑬13歳未満で始まり、親に禁止されてもしばしば夜遅く外出する。

⑭一晩中家をあけたことが少なくとも2回あるか、長期にわたって家に帰らないことが1回ある。

⑮13歳未満から始まり、しばしば学校を怠ける。

これらの行為が6ヶ月の間持続した場合、素行障害と診断されます。

素行障害は、幼児期に発症すると一人で問題を起こすことが多く、青年期に発症すると集団で問題を起こすことが多くなります。

このほか、幼児や低学年のこどもの普通以上の激しい反抗やかんしゃくがあるものの、反社会的な行動を含むこの素行障害にまで発展しないものを「反抗挑戦性障害」といいます。

はっきりとした原因はわかっていませんが、脳内の神経伝達物質や自立神経の生涯、親の愛情不足・虐待、両親の不仲や離婚などが関係しているのではないかと言われています。

治療

素行障害の治療ですが、行動障害の子どもが自分の行動を間違っていると認識していることはめったになく、治療は困難だとされます。

患者の症状に合わせて、その時に強く出ている症状を抑える薬を使いながら、精神療法や生活訓練を行います。そのなかで、褒められたり、愛情を注いでもらうという経験も織り交ぜます。

こうしたことのゆえに治療は長丁場になることが多く、大変根気が必要と言われていますから、精神科や心療内科・精神保健福祉センターなどへ相談しながら行ないます。