自律神経失調症 自律神経とは

147_environment

「自律神経」とは、簡単に言いますと、心臓の鼓動や呼吸、血液の流れ、内蔵の働きなど、自分の意志とは関係なく、無意識のうちに自動的に働いている神経のことです。

私たちが眠っている間も、仕事や家事をしている間も、身体機能が停止することなく動いているのはこの「自律神経」のおかげなのです。

この自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、心臓をはじめとする内臓や血液の流れなどを管理し、呼吸、消化、代謝などのはたらきを調節しています。

例えば暑くなると交感神経がすばやく感知してはたらき、汗腺から汗を出して体温を下げる、といった状態です。

しかも面白いことに、交感神経と副交感神経は正反対の働きをします。例えて言うなら、シーソーや、アクセルとブレーキのような関係にあります。

一方が活動を促進し、もう一方が活動を抑制することで、体にちょうどよくなるよう調整しているのです。

交感神経と副交感神経の働き

交感神経と副交感神経の働き
交感神経の働き副交感神経の働き
心拍数増加心拍数減少
瞳孔が拡大瞳孔が縮小
排泄・分泌機能の低下排泄・分泌機能の向上
白血球数増加白血球数減少
脳や神経が興奮する脳や神経が静まり眠くなる
胃腸の働き抑制胃腸の働き促進
子宮縮小子宮拡張
気管支拡張・呼吸促進気管支収縮・呼吸抑制

この交感神経と副交感神経のバランスが何らかの理由でくずれると、さまざまな症状を引き起こします。それが一般的には「自律神経失調症」と言われています。