境界性パーソナリティ障害 自分と相手との違いがよくわからない

169_whirl

私たち人間が動物と違う点が幾つかあります。その一つに自我の意識があるということです。動物にはそれがありません。

たとえば、犬やネコが鏡に映った自分の姿を見ても、それが自分だとは気づかず、攻撃したり、びっくりしたりします。

本能のままに生きる彼らにとって、自分がなんたるかという自我の意識はありません。しかし、人間には自分自身を意識できる自我があります。この自我が境界性パーソナリティ障害に陥るとうまく機能しなくなることがあるようです。

自分と相手との違いがよくわからない

境界性パーソナリティ障害の場合、自分と相手とを分けて考えることが困難です。これはどういうことでしょうか。

家族であっても、父、母、子供たちはそれぞれに別個の存在です。一人一人違った個性や考え方を持ち、違った感じ方、 違った方法で事にあたり、違った結論を下すものです。これは恋人であったり、親友であっても、誰に対しても同様に言えます。

しかし境界性パーソナリティ障害の人は、自分という存在が不確かなままで、 自分と相手とを区別して考えることに困難を覚えます。身近な人ならば、自分と同じように感じ、考え、行動するのが当然という思いがあります。

ですから、自分が期待しているのと違う反応や行動を示されると 相手と自分との相違が不安でたまらないので、激しくいらだち、 混乱し、時に暴力へと発展するのです。

激しい怒りゆえに身近な人を傷つけてしまっても、 もともと相手が自分と同じように考えて行動するのが当然という思いがありますから、 後悔や反省のそぶりはほとんど見られないという特徴があります。