境界性パーソナリティ障害 周りの人を巻き込む

173_involve

境界性パーソナリティ障害の人は決して悪意からではありませんが、 どんな方法を使ってでも、周囲の人をひきつけておきたい、 自分の思い通りに事を運びたいという強い願いを持っています。

そのため、周囲の人は巻き込まれる形となり、「自分はいいように使われている」、「問題があるのは自分のほうなのではないか」などと感じることがあります。

なぜ周囲の人を巻き込む

その理由として、境界性パーソナリティ障害の人は、自分の中で生じる葛藤や衝動を自分のものとみなすことができず、相手が抱いているものだと思い込んだり、自分一人ではとうてい処理できないため、周囲の人を巻き込むことでなんとか対処しようとしているのです。

たとえば、入院したいと思っている場合、自分の思い通りにするために様々な手段に出るかもしれません。

自分を傷つける行為を行って、「入院させないと危険」と判断されそうな状況を作り出すかもしれません。

また、病院のスタッフや医師に暴力を振るい、従わせようとするかもしれません。また、言葉で執拗に迫り、相手を自分のペースに乗せようとするかもしれません。さんざん周囲を振り回したあげく、自分の要求通りになれば、それで満足します。

このように、自分一人の力ではどうしようもない時に、あまり気持ちの良いものではないかもしれませんが、周囲の人を巻き込む、つまり周囲の人の力を借りて、なんとか問題に対処しようとしているのです。