パニック障害 うつ状態

パニック障害でうつ症状がでることもある

私たちは体の調子が悪いとき、 気力もあまりなく、外出からも遠ざかるものです。

パニック障害も治療せずにほっておくと、 慢性化し、だんだん気分が落ち込んできます。

広場恐怖や回避行動などから、発作のリスクを避けるために行動しないでいると、精神的なエネルギーが低下し、次第に何もしたくなくなってくるのです。

このような体調を「うつ状態」といいますが、これは「うつ病」とは違います。ただし、人によっては、うつ病を併発することもあります。

うつ病とうつ状態の違い
うつ病うつ状態
強 さ強い弱い
妄 想妄想的になる場合あり現実的
自傷行為あり比較的まれ
影響の受け方何が起きても沈んだままいいことがあると少し元気
きっかけ環境や対人関係など気落ちするようなこと
周囲から見て理解できないことが多い理解できることが多い
仕事・趣味手につかないやると気が紛れる

うつ状態の進み方

人はすぐにうつ状態になるわけではなく、少しずつ進行してゆきます。たとえば以下のようにです。

  1. なんとなくだるい、おっくう。好きなことをしていてもあまり楽しくない、なんとなく憂うつといった感じで始まる。
  2. 1日の中でも気分がよくなったり悪くなったり、そして、日によっても違いが出る。うつ気分が出たり引っ込んだりする。
  3. 食欲、性欲が弱り、集中力が落ちて勉強、仕事に差し支えるようになる。
  4. 自分が無価値に思える、生きていても仕方がないと落ち込んだり、不眠や食欲不振が続き、体を動かす元気もなくなる。

回復への希望

こうした状態で治療もせずにほっておくと、状況はよくなりません。自分からはなかなか動けないかもしれないので、家族や友人など、助けになってくれる人に相談するのは助けになります。

放置せずにきちんと治療すると、どのように回復してゆくと期待できるでしょうか。

治療してゆくと効果が現れはじめます。うつ気分はまだ続くものの、以前より眠れるようになり、食欲などが少しずつ戻ってきます。そして、気持ちが楽になる時間が増え、回復の兆しが見られるようになります。

やがて、周囲からみてもわかるほど元気になってゆき、表情も気持ちも生き生きし、以前の元気な状態へと戻ってゆくことができます。

最後の段階であせらず、ゆっくりと時間をかけて回復するよう努めると、再発の可能性がその分下がります。忘れてならないのは十分な静養です。十分すぎるほど休んでください。何度も逆戻りするかもしれませんが、焦らないことも大切です。

このように、パニック障害にはうつ状態が伴うことがありますが、 回復してゆくことは決して不可能ではないのです。