社会不安障害の症状 排尿恐怖

78fd

排尿恐怖は男性に多く、トイレなどで隣に人が来ると、緊張して排尿困難になるというものです。

その多くが、個室に入った場合、なんとか排尿できます。 (個室でも他人の話し声や人の気配がすると困難な人もいます)そして、トイレでほかの人がいない場合、問題なく排尿できます。

緊張するとうまくできない

男性用の小便器の場合、一列に並び、隣同士が接する距離が近いです。そのため、後ろや隣に人がいると自分が用を足しているところを見られているように感じてしまい、 このため緊張し、排尿困難になってしまいます。

どんなにしたくても、いざ人がいるとなぜか出ないのです。この排尿恐怖も、泌尿器科で検査を受けても「異常なし」の検査結果となります。「ガス・おなら恐怖症」や「パニック障害」と同様、身体機能の問題というよりは、 精神的な原因が存在します。

外出するたびにトイレのことが不安になったり、将来のことを考えて不安になったり、 仕事の面でトイレのことが気になってうまく職場に馴染めなかったりと、 本人にとってはずっと付きまとう悩みの種です。

他人からすれば、考えすぎ、神経質、気にしなければいいと思うかもしれません。しかし、これも気持ちの持ちようや考え方ですぐに治るものではないので、ひどい場合には 「排尿恐怖」に理解のある心療内科や精神神経科の受診をおすすめします。他人は笑うかもしれませんが、精神科医は笑わないでしょう。