視線恐怖

bgd3r

他人の視線が怖い

これは、「他者視線恐怖症」というもので、 他人の目に自分がどう映っているかが気になって、人の視線を極度に恐れる症状です。「視線に射られるような」感じだったり、「自分の行動をいつも観察されているよう」に感じたり、 「他の人たちが自分のことをいつもうわさしている」ように感じたりします。

見られていると思うと緊張し、自分の行動に落ち着きがなくなったり、 その場から離れようとしたりします。場合によっては相手の視線にいら立ちを覚えたりもします。症状がひどくなると、他人の視線を浴びることを避けるため、外出すら困難となります。

自己視線恐怖症

これは、自分の視線が相手に対して、不快感を与えるのではないかと考える症状です。自分の目つきが悪い、自分の顔つきが悪いなどと考え、 見たら相手が不快感を感じるのはないかと思い、 どこを見たらよいのかわからないという感じです。

自分の視線に対する自信のなさ、不安や恐怖、時には罪悪感も意識してしまいます。人に迷惑をかけていると考える場合もあり、人といることに疲れをおぼえます。特に誰かと話さなければならない時は、本人にとって苦痛となります。

正視恐怖症

正視恐怖症は特に人と距離が近いときに、目を合わせることに恐怖を抱く症状です。誰かと話す時、目を見て話さないことに対し注意されたりすると、 ますます意識してしまいジレンマに陥ります。

脇見恐怖症

脇見恐怖症は医学的に認知されていないようです。ですから、何をもって自分が脇見恐怖症を言えるか、はっきりした基準は今のところありません。しかし、脇見恐怖症で悩んでおられる方も多いようです。

脇見恐怖症は、自分の視界の中に人が入ってくると、それだけでその存在を強く意識し、 文字通り「脇見」するような形で見てしまい、 相手が不快な思いをしたのではないかと過度に不安になり、心配するものです。

自己視線恐怖症や正視恐怖症と同じく、自分や自分の視線に対する劣等感や嫌悪感、 罪悪感、自信のなさから来ることが多いようです。

相手を「見る」ことについては人それぞれに多少の違いがあるようで、 文字通り視線を相手に向け、相手を見る場合もあれば、 自信のなさからくる挙動不審な体の仕草となって現れる場合や、 本人は自覚していないのに、(周囲の人に向く)執拗な眼球の動きの場合もあるようです。

また、人によっては視線を送らなくても、自分の視覚に入ってきた相手の人に 信号のようなもの(たとえば、脳の何らかの異常によって発せられる電磁波のようなもの)を 送っているように感じ、相手が不快な思いをしたのではないかと心配する場合もあるようです。

この脇見恐怖症に関しても、これから調査研究がより行われ、 解明されてゆくことを期待したいところです。