マリッジブルー 「この人と結婚して本当にいいのか」

hfdd

マリッジブルーとは、結婚が決まって幸せ絶頂のはずなのに、精神的に不安定になり、「間違った選択をしたのではないか」、「この人と結婚して本当にいいのか」と気分が落ち込み、不安な心理状態のことをいいます。

女性が陥ることが多いですが、男女の区別なしでどちらにも現れます。また、女性が陥ることによって男性に伝染するケースもあるようです。

マリッジブルーは、誰にでも起こりえますが、特に責任感の強いタイプ、完璧主義のタイプの方が陥りやすいようです。

男性は「家族ができる重圧」、女性は「いい奥さんになれるだろうか」、「きっちりと家事はできるだろうか」、「パートナーの家族と上手くつきあっていけるだろうか」という不安に次々と駆られます。

変化に対応することが求められる

では、なぜマリッジ・ブルーは起こるのでしょうか?一つの説は、潜在意識の『現状維持システム』が作用しているからで、独身の人の潜在意識は、できるだけ独身を維持しようと導いているからではないかと考えられています。

誰もが「前向きに進んでいきたい」と思っているにもかかわらず、心にストップがかかってしまうのは、潜在意識が現状を維持しようと働いているからだそうです。

変化に対する一種の抵抗であるとも言えます。また、女性の場合、結婚を期に仕事をやめなければならないかもしれません。

それがもし不本意ならば、自分が損をしているかのように感じることでしょう。加えて、相手側の家族との新たな関係も築いていかなければなりません。「うまくやってゆけるだろうか」とある程度気をもむのも理解できることです。

このように、結婚に際し多くの人が考え、ある程度悩むことですから、マリッジ・ブルーに陥るとしてもそれは、不思議なことでも特別なことでもないのです。

では、マイナスよりもプラスが多いときに前に向かって進むことができます。自分の中で不安や心配に感じるマイナスよりも、愛する人と一緒になれるといったプラスの要素が多くなるよう積極的に考えることは助けになります。

パートナーとよく話しあったり、友人に聞いてもらったりして、ため込まないことも大切です。多くの人が経験する通り道ですから、あまり深く考え過ぎないようにすることも役立ちます。

症状がひどくなると、婚約破棄という結果もありますから、深刻な場合は医師の診断を受けるのは良いことです。結婚は人生の一大決心なわけですから、迷いが生じるのは当然のことなのです。