疲れていても眠れない「睡眠障害」

210_sleep

一日が終わって、寝ようと思っても「眠れない」、 疲れているはずなのに眠れない。そんな経験はありませんか?

現代社会では多くの人が不眠で悩んでいるようで、 日本人の5人に1人が「よく眠れない」という悩みを抱えていると言われています。

不規則な生活による体内時計の不調が不眠の原因といわれることがありますが、 他にはどんなことが関係しているのでしょうか。

自律神経とストレス

人間の睡眠は自律神経によって大きく左右されます。この自律神経は主に昼に働く交感神経と夜に働く副交感神経によって成り立っており、 昼間働いていた交感神経が夜になって副交感神経に入れ替わることにより眠りにつきます。

しかし、昼間に仕事などで強いストレスにさらされていると、 自律神経のバランスが崩れてしまい、 夜になっても交感神経から副交感神経に切り替わらない事態が生じます。

その結果、なかなか眠りにつけない「不眠」に陥ってしまうのです。そのとき、体は疲れていても頭が覚醒していて眠れない状態になっています。

これを医学的には「睡眠障害」と呼びます。また、眠れないと焦ってしまい、余計に眠れなくなることがあります。

これは、「焦り」がストレスになって交感神経を高めてしまうので、 自分の意に反し、余計に眠れなくなってしまうのです。

不眠に陥らないために

では、不眠に陥らないためにはどうすればいいのでしょうか。不眠の原因となるストレスを減らすことはもちろんですが、 夜眠る前に交感神経から副交感神経に切り替える工夫をすることも有効です。

とはいえ、交感神経から副交感神経に切り替えるのは、 意識して簡単にできるものではありません。

ひとつの方法としては、 夜、寝る前に楽しみながら行えるような習慣を持つことです。例えば、仕事が終わって家に帰ったら必ずハーブティーを飲むといった感じです。

この習慣がオンからオフ、交感神経から副交感神経に切り替えるためのスイッチになります。このときの注意点ですが「眠るためのもの」と考えず、気軽な楽しみとして行うことです。意識してしまうと、逆に緊張してうまくいかない場合があるからです。

眠りはコントロールできないもの

私たちは、自分で「眠りやすい環境」を作り出すことはできますが、 睡眠薬で眠りにつくといった場合を除き、 基本的には眠りをコントロールすることはできません。

ですから不眠に陥らないためには、過度に神経質にならず、 ちょっといい加減なくらいのほうがいいと言えるのです。