自傷行為をする中高生10人につき1人の割合

214_slight

現代の中高生の10人に1人が、リストカットなど自傷行為の経験があるということが明らかになりました。

国立精神・神経センター精神保健研究所・自殺予防総合対策センターの松本俊彦氏によると、以下のような結果が出ています。

・中学生:男子8.3% 女子9.0%

・高校生:男子7.5% 女子12.1%

・大学生:男子3.5% 女子3.3%

また、以下のような報告もあります。

・少年鑑別所入所者:男子10.7% 女子60.9%

・少年刑務所:男性14.7%

生きるために行なう

このように、自傷行為をする若者たちと非行には深い関係があると思われます。

自傷する若者の特徴として「飲酒・喫煙・薬物の誘いを受けた経験者が多い」、「自尊心が低い」、「幼少期に多動(落ち着かない)の挿話がある」、「ピアスをしている生徒が多い」、「拒食や過食などの摂食障害傾向が認められる生徒が多い」と、非行や自尊心の低さ、精神的な不安定感と関連の可能性も示唆しています。

若者たちが自傷行為をする理由としては「イライラを抑えるため」、「気持ちをすっきりさせたくて」、「生きるために必要」、「心の痛みを身体の痛みに置き換えている」、「自分の安定剤」という不快感情への対処が55%と最も多くなっています。

自殺目的の自傷行為は18%と比較的少ないですが、自殺企図の経験がある人が48%もいるのが特徴です。

自己アピールのために自傷行為をする人もいますが、多くの自傷者は自傷行為について人に知られたいと思っておらず、治療も相談もしない傾向にあります。

もし、自傷行為を繰り返す若者を見かけた場合は、頭ごなしに否定したり叱責せず、共感・理解が必要です。

よく「いまどきの若いヤツは…」という大人がいますが、そういった若者を育ててきたのが大人世代であることを忘れてはいけません。

また、中高生の10人に1人が自傷行為をするような社会を作ってきたもの大人世代です。今、手首を切っている若者たちも10年後20年後には親になっているのです。

彼らが大人になり親になったとき、その子どもたちの自傷行為が少なくなるような世の中を作るのは、現在の大人といわれる人たちの仕事なのかもしれません。