身体醜形障害

Bbb7

美容整形大国と言われている韓国で、ベルギーの研究チームが鼻を整形手術した人を調査した結果、その3人に1人は精神疾患があるとの結論が出ました。

研究チームが鼻の整形手術を受けるため病院を訪れた患者266人を調査した結果、3人に1人が「身体醜形障害(BDD・BodyDysmorphicDisorder)」を患っていることが判明しました。

身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい)とは、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状です。

実際よりも低い自己の身体的なイメージに強くとらわれることが原因です。

一種の心気症や強迫性障害とされ、重度の場合は統合失調症ともなります。

俗には、「醜形恐怖」また「醜貌恐怖」といわれます。

また非常に強い強迫観念から強迫性障害と深い関連性があります。

その強い強迫観念から身体醜形障害はうつ病も併発する割合もかなり高いとされます。

このように、身体醜形障害は、容姿の美醜にとらわれるあまり自身の姿を実際よりも極端に低く評価してしまうものです。

過去のデータでは整形手術を受けた人のうち約10%程度が身体醜形障害を持つとされていましたが、今回の研究により身体醜形障害を持つ患者は3人に1人という高い傾向があることが明らかになりました。

研究チームは、「整形手術を受けようとする患者の多くは、鼻の形は正常で、5人に1人は整形手術をすでに何度か受けた経験がある人だった」とし、「このような患者は整形手術を受けても満足できないため、整形手術を行ってはいけない」と話しています。

このように、身体醜形障害は自分の容姿に対するコンプレックスが過剰になっていますが、整形によって解消するものではないので注意が必要です。