怖い夢を見ないようにする方法

219_yoga

私たちは誰でも一度は怖い夢を見た経験があるのではないでしょうか。 ここでは、子供たちを対象にして考えてみます。子供の頃は大抵、恐ろしい夢にうなされることが多いです。

ドイツのマンハイムにある精神衛生中央研究所が行なった調査によると、 子供の10人中9人は、夢で目が覚めたことを覚えています。

子供がよく見る恐ろしい夢には、だれかに追いかけられる、 高い所から落ちる、戦争や天災の影響を受けるなどのものがあります。

男の子と女の子の違い

そうした夢はほとんどの場合、空想と現実が入り混じっています。少年たちは普通、夢の内容を忘れてしまいますが、 少女たちは見た夢について話したり、書き留めたりすることが多いようです。

怖い夢を見ないようにする方法

専門家たちの勧めによると、子供たちが恐ろしい夢に起因する不安を取り除くには、 見た夢について話したり、その絵を描いたり、その場面を演じたりするのがよい、 とベルリナー・ツァイトゥング紙(ドイツ語)は伝えています。

これらの提案に従うなら、普通は数週間のうちに、 夢を見る回数が減り、内容も恐ろしいものではなくなるといいます。

これは、子供を対象にした研究でしたが、大人の場合ももしかしたら適用できるかもしれません。今度怖い夢を見た時はぜひ試してみたいものです。