持続性抑うつ障害・気分変調症(抑うつ神経症)

sef5284

持続性抑うつ障害または、気分変調症はかつて抑うつ神経症と呼ばれたもので、うつ病に比べると症状が軽いものをいいます。

症状

症状としては、次のようなものがあります。

①気分がなんとなくさえない、気分が落ち込む・ふさぐ、何の希望もないという「抑うつ気分」

②集中力・根気がなくなる、頭が働かない、何をするにもおっくうといった「思考や行動の抑制」

③だるさ、疲れやすさ、後頭部・首・肩などの重苦しさ、痛み、 動悸、便秘、下痢、月経不順などの「身体症状」

④睡眠障害、食欲不振

⑤これらに伴う自尊心の低下、強い劣等感、自信喪失、自殺願望など

この気分変調症は、うつ病と比較すると軽いということですが、思考や行動の抑制が軽いという点が特徴です。

加えて、うつ病患者によくある「自分はとりかえしのつかないことをしてしまった」、あるいは、「不治の病にかかってしまった」などというような妄想はありません。

うつ病が周りを責めないのに対し、この気分変調症の患者は、周囲の人や環境を責め、周りを攻撃するという特徴があります。

また、夜中に何度も目が覚める、朝はやく目が覚めるといったうつ病特有の睡眠リズムの乱れもありません。

そして、うつ病のように、午前中は調子が悪いが、時間とともに調子が戻っていくというような一日のリズムの崩れも見られません。抑うつ神経症の患者は本人の性格に関係して発症する場合が多いです。

性格

この病気になりやすい性格には次のようなものがあります。

・調子がいい時が頑張るが、調子が悪くなると投げ出し、周りに責任を押し付ける。

・もともと甘えんぼで、依存心が強い。

・自分に自信がなく、ちょっとしたことでもくよくよ悩む。

こういう性格のため、学校や職場での人間関係がこじれやすく、それが本人にとってはくよくよ悩む原因となります。

患者本人の性格が関わっていることが多いので、抗うつ薬とともに精神治療を通して本人が自分の性格の弱さ・甘えに気づき、それに上手に対処してゆけるようになると、症状も改善されていきます。

このように、本人の性格も関係しているため、長期間を視野に入れた治療が必要になります。