摂食障害―拒食症

本当は怖い拒食症

摂食障害―食べることに対する障害

摂食障害とは何でしょうか。たとえば、ダイエットが極端に進みすぎ、食事をほとんど受け入れなくなってしまうと「拒食症」となってしまいます。

それとはまったく逆に、異常なまでに食欲が亢進して、普通では考えらないほどの大量の食物をとり、排出しようとすることを「過食症」といいます。この極端な拒食、過食の状態を「摂食障害」といいます。

拒食症(神経性食欲不振症)―自ら食を断つ

この病気になると、食べることを拒むか、ごくわずかしか食べないため当然の結果として標準体重をはるかに上回ってやせこけてしまいます。

体重が増加することへの強い恐怖感を持っていて、何か口にするとしても、糖質や脂質の多い食品を毛嫌いし、カロリーの少ない食品ばかり飲食します。

厚生労働省研究班による拒食症の診断基準

(1)標準体重の20%以上のやせ

(2)食行動の異常(不食、大食、隠れ食いなど)

(3)体重や体型へのゆがんだ認識(体重増加に対する極端な恐怖など)

(4)発症年齢:30歳以下

(5)無月経(女性の場合)

(6)他にやせの原因と考えられる器質的疾患がない

体重や体型への過度のこだわり

拒食症の人は体重のことしか考えられず,それを増やすまいと必死です。体重が増えないよう、猛烈に運動する人もいます。

拒食症の人にとって、最大の喜び(それは多くの場合、実感できる唯一の喜び)は、体重計に乗って、自分の体重が自分の理想にかなっていることを確かめたときです。

では、この拒食症はどのようにして起きるのでしょうか。典型的な例を挙げますと、十代あるいは二十代の人(そのほとんどは女性)が数キロ減量することを始めます。

しかし,目標に達しても、満足しません。鏡を眺めて、自分がまだ太っていると思い、もう数キロ減量したほうがよいだろうと考えます。

また、ダイエットを始めた結果、体重が落ちて成果がみられるとうれしく、おもしろくなり、どんどんエスカレートしてしまうこともあります。

食べない当然の結果として目に見えてやせこけるので、友人や家族は心配しはじめ、「あなたはやせ過ぎているし、衰弱しているように見える」と言うようになります。

しかし、当人はそれとはまた別の見方をします。「自分が骨と皮ばかりに見える」とは思っていないことがほとんどです。やせればやせるほど、思いがゆがんで、自分を正しく見ることができなくなります。

病的にやせているにもかかわらず、「自分はまだ太っている、もっとやせなければ」と思い込んでいるのも特徴です。

一部の専門家の意見では、体重が20%から25%減少すると、脳内で知覚力を狂わせるような化学的変化が生じ、太っていないのに太っていると思うことがあるようです。

拒食症の恐怖

極端にやせてしまうために、やがて、貧血、内臓の障害、低血圧、栄養失調状態、また、女性の場合、月経がなくなったりし、骨粗鬆症や腎臓障害などの深刻な健康上の問題につながる恐れがあります。

また、しばしば家庭内暴力や退行(幼児返り)という母親に甘える行為を伴い、万引き、リストカット、薬の大量服用などを起こすこともあります。

拒食症の怖いところは死に至る場合さえあることです。「ハーバード大学精神衛生レター」の報告によると、10年間に、拒食症と診断された女性の約5%が死亡しました。