アルコール依存症

arukoru

アルコール依存症とは、アルコールを取り入れないと不快な離脱症状が起きるため、常にお酒が切れないようにしなくてはならず、お酒のことが頭から離れない中毒状態です。

アルコール依存症になると、やがて仕事や日常生活すら支障をきたすようになります。アルコール過剰摂取により身体面への悪影響、つまり、すい臓、心臓、骨、消化器などへの障害が生じます。

こうしたことがあらかじめわかっていても飲酒をやめられないのがアルコール依存症の特徴です。アルコール依存症の精神症状としては、手が震える、不眠、寝汗、動悸、イライラ、憂うつなどがあります。

重症になってくると、幻視が起こります。中でも有名なのは、虫や小動物などが見えるというものです。意識が混濁し、虫がたくさん這いまわっているとか、体中を小動物が這いずりまわっているというふうに見えるのです。

また、強度の不安感や頻脈や発汗、血圧上昇、発熱が生じることもあります。このような強い中毒症状は、入院治療などによりアルコールを絶った状態が続くと生じます。禁断症状が数日間続いた後に深い睡眠が訪れてやがて回復期に向かってゆきます。

しかし、治療をせずにほっておくと、記憶力の著しい減退があらわれ、極度の痴呆状態に陥る「コルサコフ病」になったり、意識障害や運動の失調のおこる「ウエルニッケ脳症」になったりします。

これらは命にかかわるものなので、この段階に至る前に治療したいものです。

どんな人がアルコール依存症になりやすいか

もともとお酒に強い人は酒量が増えても酔いにくいため依存症になりやすいタイプといわれています。

逆にお酒を少し飲んだだけで顔が赤くなったり、頭痛がしたり、酔ってしまうタイプは酒量が増えないためアルコール依存症になりにくいといわれます。性格でいえば、内向的でうつ傾向が強い、ストレスに極力弱い人がなりやすいといわれます。

いつも気分が沈んでいる人、ちょっとしたことで落ち込む人、そのような人が、嫌な気持ちを打ち消すため飲んでいるうちに歯止めが利かなくなり、アルコール依存症になってゆきます。

うつとの併発がある場合もあります。アルコール依存症は「飲んではいけないとわかっていてもどうしても飲んでしまう」ということが問題で、飲まなければ治るものです。

禁酒を死守するためには入院治療が理想で、周りの協力、励ましが不可欠です。この病気は一度完治してもコップ一杯のお酒で簡単に再発してしまうので、再発防止のために不断の努力を長きにわたって続けていくことがどうしても必要になってきます。