境界性パーソナリティ障害 克服のために

cjgfxjf

境界性パーソナリティ障害の人がこの障害を克服するためにどうすればよいでしょうか。本人が、結局、他人のせいにしたり、他人に頼ってばかりでは真の解決は訪れないと悟り、自分で自分の問題を引き受けようと決意することがカギとなります。

他人に何かを求めている限り、不確実な要素が常に付きまといます。不完全な人間に完全さを求めるのは無理があるのです。

どんな誠実な人でも、常に一定の気分や体調を維持しているわけでないので、時には期待はずれの反応が返ってくることもあります。

自分の問題の解決を他人に委ねたところで、うまくいくとは限らないうえ、その他人がいつかいなくなるかもしれないという不安に怯えながらの暮らしになります。

また、他人に頼り続けることにより、自分自身を支える力も弱くなってしまいます。では、どうすればよいでしょうか。

自分で自分の責任を受け入れる

物事がうまくいかないことは誰にでもあります。そのような時、これまでのように他人のせいにするのをやめてみるのはどうでしょうか。

うまくいかない時こそ自分を強くするチャンスです。失敗のストレスに耐えることがその人を強くします。

寂しい時もすぐに他人で紛らわすのをやめてみるのはどうでしょうか。孤独に耐える力がその人を強くします。何かの欲求不満が生じた時にすぐに解決するのをやめてみるのはどうでしょう。

そのように決断できた自分の力を手に入れることを繰り返していくうちに、少しずつ変化しているのを実感できるようになります。

結局のところ、自分を変えるのは自分にしかできないのです。他人がどれだけ親身になってくれたところで、境界性パーソナリティ障害の人が変わるつもりがなければ無駄です。

その人自身が自分のつらさを自分で引き受け、何かをしよう、どうにかしようと思った時に変わり始めます。もちろん、苦しい時には助けを求めることができます。

しかし、相手がうまく助けてくれなかったから自分が苦しいのだと思うのはやめましょう。相手も不完全な人間なのでいつもうまく対処できるわけではありません。

もし、相手が気分をうまく変えられるような実際的なアドバイスをしてくれたなら、関心を払ってくれたその心地よさにひたるのではなく、そのアドバイスを心に刻みましょう。

その場その場で他人との関係を消費してしまうのではなく、絶やさない灯火にしていくことで境界性パーソナリティ障害の人の人生はつながっていきます。

境界性パーソナリティ障害の人が周囲の人に素直に感謝できるようになれば、その人はもう癒やされ始めているのです。