うつ病に気づくポイントと言わないほうがいい言葉

ネズミを追いかける猫

追いかけてくる苦しみ

周囲の人がうつ病に気づくポイント

うつ病を発症した場合、本人はなんとなく気づいていても言わなかったり、医療機関を受診しなかったりすることが多いようです。

できれば家族や友人、同僚など周囲の人が早く気づいて受診を促すなど、できるだけ早い段階で対処することが大切です。

どんな点に注意しておけばよいのでしょうか。気づきやすいポイントには次のようなものがあります。

  • 今までしっかりしていたのに、仕事などでミスが多くなった
  • 最近目立って口数が減ってきた
  • 身だしなみが乱れてきている

身近な人がうつ病になったら、いつもどおりに接し、話をよく聞き、否定や非難をせずに話を受け止めてあげましょう。その際、励まし過ぎないように注意しなければなりません。つい言ってしまいがちなどんな言葉に気をつけたらよいでしょう。

言わないほうがいい言葉

うつ病は脳の病気なので、考え方や励ましだけで治ると思っていると逆に悪化してしまうことがあります。うつ病の人に対して言わないほうがいい言葉には次ようなものがあります。

「がんばれ」または、「怠けているのでは?」

うつ病の人は真面目で頑張り屋の人が多いです。彼らは限界まで頑張っており、これ以上頑張れません。今で精一杯です。怠けているどころか一生懸命です。

「誰にでもあることだよ」

うつ病はつらく、普段の生活の中で経験するような一時的な落胆とはわけが違います。耐え難い気持ちに同情して理解を示してもらいたいのが本音です。「誰にでもあることだよ」と気軽に言われるのは「あなたの経験していることはたいしたことではない」と言われているようなものです。

「どれくらいで治るの?」

どれくらいで治るか、これは誰よりも本人が知りたいところです。いつまで続くかわからない暗いトンネル状態が不安でたまらないのに、その不安を助長させてしまいます。

「きっかけは何?」

うつ病のときは自責度が普段よりも増しています。過去のことを振り返って「あの時の対処がまずかったのは自分が悪い」などと自責の念を呼び覚ましてしまいかねません。もう変えることのできない過去のことをくよくよと考えさせてしまうきっかけは避けたいところです。

想像を絶するつらさ

周囲は「助けになってあげたい」というような良い動機で声をかけるかもしれませんが、とてもこれらの言葉では慰められないくらいうつ病はつらいものなのです。

うつ病の症状に自殺願望があります。これは、自責の念もありますが、生きているよりも死んでしまったほうがはるかに楽だという思いから生まれているほどうつ病はつらいものなのです。

うつ病は「心の風邪」と言われることがありますが、通常の風邪を引いたときに、つらいから死んでしまったほうがいいと思う人がどれくらいいるでしょうか。レベルがそもそも違います。風邪どころではないつらさがそこにはあるのです。