ギャンブル依存症

gbdis

誰でも生きてゆくためには衣食住が必要であり、それを備えるためにお金が欠かせません。ギャンブル依存症は、「本人、家族、または職業上の遂行を破滅させる、持続的で反復的な不適切賭博行為」と定義されているように、関わる人の生活を破綻させる恐ろしい力があります。

この病的な賭博行為は立派な精神障害であり、DSM-5(精神障害の診断と統計マニュアル)でも「ギャンブル障害」として、その地位を確立しています。

病的賭博に陥っている人は、脳の前頭前野の機能低下が生じていることがわかっています。そのため、適切な判断が困難になり、過度にリスクを取ろうとします。賭けること、または、大きなスリルへの嗜癖がある状態です。

いくら賭けに負けても、勝ったときの快感だけが頭に残り、報酬予測の部分が自分にとって都合良く歪められています。「自分はそんなに負けていない、最後には勝つ」という具合です。

ギャンブル依存症の診断

ギャンブル障害にはDSM-5において、以下のような診断基準が定められています。過去1年を考慮してみたとき、以下の基準のうち4つ以上が当てはまればギャンブル依存症と診断されます。

  1. 興奮を得たいために、掛け金の額をもっと増やして賭博をしたいという要求がある
  2. 賭博をするのを中断したり、中止したりすると、イライラしたり、落ち着かなくなる
  3. 賭博をするのを制限する、減らす、中止しようとする努力に繰り返し失敗している
  4. しばしばギャンブルのことを考えている(例:過去の勝った記憶や、次の賭けの計画を立てる、掛け金の調達方法を考えるなど)
  5. ストレスや苦痛を感じるときにギャンブルをすることが多い(例:無気力、罪悪感、不安、抑うつ、イライラなど)
  6. 賭博で負けた後、別の日に、負けを取り戻そうとして再びギャンブルをすることが多い(失ったお金を”深追い”する)
  7. 賭博へののめり込みを隠すために嘘をつく
  8. 賭博のために、重要な仕事、人間関係、教育、職業上の機会を危険にさらす、または、失ったことがある
  9. 賭博によって失われた絶望的な経済状態を免れるために他人にお金を出してくれるよう頼む

以上の診断基準のうち、過去1年を振り返ったときに4つ以上が当てはまればギャンブル依存となるわけですが、その重症度も決まっています。

  • 4~5つ当てはまる「軽度」
  • 6~7つ当てはまる「中等度」
  • 8~9つ当てはまる「重症」

双極性障害(躁うつ病)の躁状態のときにも、大金をギャンブルにつぎ込むことが観察されていますが、ギャンブル依存症と躁うつ病は別物です。躁うつ病のように一時的ではなく、慢性的に多額のお金を賭博につぎ込み続けるギャンブル依存症は、さらに始末が悪いといえます。

ギャンブルも自分がしっかりとコントロールできる範囲で楽しむなら、依存症にまで進むことはないかもしれませんが、人を引きずり込む強い力があることも事実です。ギャンブルをするためのお金欲しさに違法なことに関わってしまう人もいます。

全国にはまだ数少ないとはいえ、ギャンブル依存症のための入院治療ができる病院もあります。これ以上ギャンブルによって人生が蝕まれることを避けるためにも、もっとこの依存症の危険性が広く認知される必要があります。