主婦がうつ病になる要因

hemker

見かけよりずっと大変

主婦はいつも家にいて、好きな時に好きなことをでき、楽に過ごせるので、うつ病とは無縁の世界という間違った考え方をする人がいるかもしれません。しかし、現実では、主婦の中にもうつ病の人は多いといわれています。

若いうちに結婚して専業主婦になる人もいますが、多くは、社会でばりばり仕事をこなし、結婚、妊娠、出産を機に会社を退き、主婦の道に入るものです。それは大きな変化です。

個人差はあるものの、家庭に入り、家事や育児に追われる日々を送っていると、社会の動きから取り残されているのではないかという不安感や焦燥感にかられるものです。

料理や洗濯など、毎日同じことを繰り返し、顔をあわせる人も減り、刺激も少なくなるのですから、当然かもしれません。

このような孤独感、不安感、焦燥感が続くと、次第に家事や育児に対して意欲や興味を失ってゆき、うつ状態やうつ病につながっていくことがあります。

こうなると、夫婦関係がぎくしゃくしたり、子供が疎ましく思ったりし、育児放棄や虐待につながったりします。

一般的に女性は結婚すると、男性の性を名乗り、「〇〇さんの奥さん」、「〇〇ちゃんのお母さん」という呼ばれ方をします。夫の社会的な地位は妻にも及び、平社員の妻は上司の妻の部下であるかのような態度をとられるのが一般的です。

子供が元気で聞き分けがいいと周囲の人は母親の育て方がいいと褒められ、子供の評価が低いと、母親のせいにされます。

子供の学業やスポーツの成績が優秀なら母親も尊敬の対象になり、その逆なら母親も軽んじられます。残念ながら、これが現実です。

このように、母親、妻という役割ばかりで評価を受けていると、自分自身の存在価値に疑問を感じる人も出てきます。生き生きと生きているという実感が持てなくなったり、生きていく自信をなくすこともあります。

こうなると、うつ病への負のスパイラルに陥り、他のうつ病と同様、とくかく、つらい状態が続くようになります。自分の症状そのものでつらいのに、人に気にかけてもらえないつらさ、わかってもらえないつらさが輪をかけるのです。

ただでさえ女性のうつ病生涯発症率は、男性のそれの約2倍に上ると言われています。女性には出産という大仕事もあります。10回の出産があったなら、そのうち1回は産後うつ病が発症するといわれています。

ですから、主婦であっても、うつ病にかかってしまうことは不思議ではないのです

とにかく無理しない

主婦という立場上、近所付き合い、姑を含めた親族との関わり、夫の会社の同僚や上司の妻、学校の子供の先生や友達の親など、いろんな人達たちと付き合ってゆかなければなりません。残念なことに、人間としての関わりに、嫌なことを言われたりするのはつきものです。

右の耳から左の耳に受け流せたらどんなに楽なことでしょう。くよくよ考え続けてしまわなければ、ほんとうに楽なのですが…

とにかくあせらないことです。自分なりの「心の避難所」とも呼べるものが何かあるでしょうか。さまざまなアドバイス、提案が世の中にはありますが、一発で元気になるような万能薬はありません。

無理に楽しまないこと、無理にしないことがポイントです。どんなに遅くてもマイペースを大切にしましょう。止まっていることが自分のマイペースであることでもいいのです。