大うつと小うつを見分ける

identifye

うつ病と一言でいっても、その症例は軽度のものから重度のものまで様々です。一般に「大うつ」と呼ばれるものはより症状の重いうつ病で、「小うつ」は軽症のうつ病を指します。

全体的にうつの症状として、喜びや希望、意欲といったポジティブな感情が減少し、イライラなどの不快な気分、無力感、無気力、悲観といったネガティブな感情が増加することが特徴です。

そのような精神的な面に加えて、便秘や体重の減少など、身体面での症状も伴うことが多くあります。

大うつ

大うつを代表するものとして、「メランコリー型うつ病」や「双極性障害(Ⅰ型・Ⅱ型)」があります。下記のような症状が2週間以上続くようであれば正式に診断が下されます。

大うつの特徴

  1. 行動が不活発で、動作や判断も著しく緩慢になる
  2. 表情が乏しく、声が小さくなる
  3. 体重が減少する(逆に過食になって増加することもある)
  4. 早朝に目ざめ、それから眠れないことが多い(逆にまったく起きられない場合もある)
  5. イライラや焦りが強く、落ち着かない
  6. これまで好きだったことや楽しかったことに対して、関心や喜びが感じられない
  7. 自分を責める気持ちや罪悪感にとらわれている
  8. 繰り返し死について考えたり、死のうとして行動する

大うつの場合、自殺の危険性も高く、いち早く治療を開始することが必要です。多くの場合、本人の気持ちの持ちようなどでは刃が立たず、薬物治療が必要となります。現在では大変良く効く薬が開発されているため、どうしようもない疾患というわけではなくなっています。

小うつ

小うつにも幾つかの種類があります。環境的なストレスによって引き起こされる「適応障害」、性格・心理的な要因によって生じる「気分変調症」、体質的な要因が大きい「循環性障害」などがあります。

小うつの状態は本人は苦しんでいるものの、まだそれが身体や脳の機能を顕著に低下させるところまではいっていない状態です。大うつの症状に部分的に当てはまるものの、まだ程度が弱かったりします。

大うつか小うつかを見分ける大きなポイントは、好きなことや楽しいことに気分が反応するかどうかです。そのような場合でもまったく気分がよくならないなら、より重症な大うつが疑われます。

小うつの場合、当人の環境や心理的な問題に起因することがあり、そこを改善できれば、薬物治療は必要でないこともあります。

ただ、小うつといっても、放置したり、治療を先延ばしにしたりしていると、次第に大うつに成長してしまうことがあります。どちらにしても、異変が続くようなら、放っておかないことが重要です。