産後うつ病(周産期のうつ病)

産後うつ

女性は出産に伴ってうつ病になる場合があります。これは、妊娠中に増加していたエストロゲンなどの女性ホルモンが出産と同時に減少するためにホルモンバランスが崩れ、そこに子育てのストレスが加わることが原因と考えられます。

今までは「産後うつ病」と呼ばれていましたが、研究が積み重ねられていく中で、産後になるケースもある一方、出産前からうつ状態に陥っている人が少なくないことから、「周産期」(出産前後に発症する)のうつ病と呼ばれるようになりました。

うつ病とまではいかない「マタニティー・ブルー」と呼ばれる軽度の抑うつ状態は、妊婦の半数以上に確認され、その症状はほとんどの場合、1週間程度でなくなります。

出産した女性の10~15%は産後うつ病になる

しかし、出産した女性の10~15%はより重症な産後うつ病(周産期うつ病)になります。産後うつ病になると、強い不安を感じたり、パニック発作や不眠症状が出たり、何でもないのに涙が流れたりします。出産した自分の子供に対して愛情が持てない場合もあります。

ほかの症状としては、自殺のことを考えたり、自分の子供に暴力を振るってしまうのではないかという強迫的な思いが繰り返し出てきたり、集中力がなくなったり、身体動作が遅くなったりします。

こうした状態に陥ると、毎月やってくる月経の度に抑うつ感や緊張感がさらに強まってしまうことが観察されており、大変苦しい思いをします。

子どもは生まれたばかりで親に100%依存しているわけですが、産後うつ病になると、うまく子育てに取り組むことができません。病気ゆえのものであって、親の責任ではないのですが、自分を過度に責めたり、悲観的な思いが高まって母子心中を試みるところまでいくこともあります。

精神病状態が加わることもある

産後うつ病に精神病状態が加わることもあります。500~1000回の出産につき1回の頻度で生じ、初産婦ではより多く見られます。

そうなると、自分の子どもが悪魔に取りつかれたという被害妄想や、赤ん坊が恐ろしい運命を背負っているなどという妄想があったり、子供を殺すようにとの幻聴が聞こえる場合もあります。

そうなると、子どもを守るべき立場にある親が非常に不安定になり、害を加えかねない危険な状態になるので、注意しなくてはなりません。親が赤子に危害を加えたり、母子心中したりしないよう、周囲は気をつけて見守らなければならず、必要なら入院治療も辞さない態度が求められます。

経験者は要注意

妄想や幻聴を伴う精神病性の産後うつ病になった人を調査すると、以前に自身でうつ病や双極性障害(躁うつとうつの繰り返し)を経験した人、家族に双極性障害を経験した人がいる場合に発症する確率が高くなっていることがわかっています。

また、それまでの出産で精神病性のうつ病にかかったことのある人は、再発率が30~50%と高くなっています。

うつ病なので抗うつ薬が効果的なのですが、薬によっては、成分が母乳中に混ざって赤子の体内までいってしまう恐れがあります。

大人にとって大丈夫なものでも乳児にとってはどんな副作用や後遺症を引き起こすかわかりません。もし、服薬中の人が母乳を与えるときには、その前に主治医によく相談しましょう。

周囲のサポート

出産前後は家族や周囲のサポートが重要です。出産後は子供の誕生に伴い、周囲の人たちは喜んでいるので、母親の気持ちの落ち込みには気づきにくくなっています。

母親のほうも喜びを表し、赤ちゃんに対して優しい母親らしい気持ちを持つべきなのに、抑うつ気分になっていること、子供に対して愛着が湧いてこないことに罪悪感を抱きやすくなっています。

子供が誕生すると親の生活は一変します。やることがとても多くなり、ストレスがたまり、夜も安眠できなくなります。そうした忙しさと病気が重なると、母親には大きな打擊となります。

産後うつ病になってしまったときは、愛着がわいてこないことや素直に喜べないことなどが病気ゆえのものであることを母親も周囲も認め、誰も責めないようにしなければなりません。

赤ちゃんが全面的な世話を必要とするので、家族全員の協力がどうしても必要になってきます。母親だけに任せっきりにならないように、また母親が十分休息できるよう、肩代わりも大切です。うつ病になると自分自身のことさえままならないので、子供の世話まで行き届かなくて当然なのです。