転換型ヒステリー

転換型ヒステリーの感覚障害

身体に異常が出る転換型ヒステリーの特徴


転換型ヒステリーの身体的な症状には「運動障害」があります。
これには、立てない、歩けない、物が飲み込めない、
声が出ないといった障害が含まれます。



その他、けいれんも時としてありますが、
ヒステリー型のけいれんの特徴としては、不規則で多彩なけいれん、
体を弓なりにそらすけいれん、周囲の反応に影響されるけいれんがあります。



転換型ヒステリーの感覚障害としては、皮膚の感覚が鈍くなったり、麻痺してしまったり、
逆に過敏になったり、痛みがでたりすることがあります。



また、目にも影響が出ることがあります。
たとえば、視野が狭くなったり、視力が落ちてぼやけて見えたり、
場合によっては一時的に完全に失明することもあるのです。



そして、聴覚に支障が出ることもあります。 
非常に聞こえにくくなったり、一時的に全く聞こえなくなってしまうこともあります。



その他、 別名ヒステリー球と呼ばれるボールのようなものが
胃から喉に上がってくる感じがしたり、
頭痛、発熱、腹痛、吐き気、下痢、めまい、全身倦怠感、
冷や汗、動悸、女性であれば乳房や卵巣の痛みがあります。



適応障害


眠り


社交不安障害(社会不安障害)


境界性パーソナリティ障害


非定型うつ病


パニック障害


摂食障害


自律神経失調症


更年期障害


痴呆・アルツハイマー


産後うつ病


てんかん


心的外傷後ストレス障害(PTSD)


未分類



注意欠陥・多動性障害(ADHD)


アスペルガー症候群(AS)


統合失調症