サザエさん症候群 月曜日のことを考えて憂うつに

sazae

1969年10月5日に第1回放送を迎えてから45年以上の歴史をもつ国民的人気アニメ「サザエさん」。テレビアニメの中では唯一常時10%以上を記録している誰もが知っている番組です。

放送時間は…もちろん、日曜日18:30です。世の中には「サザエさん症候群」と呼ばれるうつ症状があります。サザエさんと憂うつ、どんな関係があるのでしょうか。サザエさん症候群とはどのようなものでしょうか。

週末などの休日には、仕事にも行かなくていいですし、友達と遊んだり、一人で趣味に没頭したり、ひたすら眠ったりと思いのままに過ごすことができます。

しかしあることをきっかけに翌日に控えた仕事のことを思い出してしまい、現実に引き戻されることも多いのではないでしょうか。

日曜日に週明けの仕事のことを思い出して、憂うつになる瞬間にはどのようなものがあるのかというアンケートが実施されました。もっとも多かった意見は「サザエさんを見ているとき」でした。

放送時間が日曜の夕方6:30からということもあり、「サザエさん」を見た後、夕食や入浴を済ませて眠りにつけばもう翌日…。「明日から仕事だ」とスイッチが切り替わる人が多いようです。

2位以降も「翌朝起きるために目覚ましをセットしているとき」、「夜ごはんを食べ終わったとき」と、日中はすっかり仕事のことを忘れていても、夕方から夜にかけての時間帯に仕事のことを思い出す人が多いようです。

休日の前夜は仕事を終えた瞬間から一気に休みモードに入るのに対して、休日から仕事モードへの切り替えはなかなかうまくいかないようです。「サザエさん」は日曜日の夕方6:30からの放送です。

この時間くらいを境に気分が憂うつになる人が多いようです。

ひどい場合は休まなければならないこともある

症状が強い人の場合、憂うつな気分だけでなく、翌日の月曜日には頭痛や吐き気で外出できなくなることがあります。それほど、会社や学校に行きたくないのです。これが「サザエさん症候群」です。

ひとつの対策として、やはりメリハリが大切です。人それぞれ楽しい事柄は違いますが、次のようなことを自分でできるかもしれません。

・元気な人に会う

・お笑いを見る

・やる気があると思い込む

・この症状はみんな経験するものと考えてみる

・早寝をする

・オシャレをする

・外出する

・少し運動をする

・おしゃべりをする

・月曜日の夜に「楽しみ」を用意する

・サザエさんにジャンケンで勝つ

残念ながら特効薬はなく、各自が自分に合った対処法をみつけることが必要なようです。日曜の夕方にサザエさんをみるだけで元気が出て、次の1周間も自然と頑張れたら文句ないのですがこればかりは仕方ありません。