季節性うつ病 ある季節になると発症

seasons

季節性うつ病、季節性感情障害などと呼ばれるこのうつ病は、ある季節になると発症し、その季節が終わると、自然とそのうつ病もなくなるというものです。発症例が一番多い季節は冬で、「冬季うつ病」と言われています。

その季節が終わるとなくなるように、この冬季うつ病も春が来れば自然に症状が改善します。症例は比較的少ないものの、春に発症するタイプ、夏に発症するタイプもあります。

季節性うつ病はその患者の多くが20~30代で、日本においては特に男女比に大きな差はありません。人によっては夏も冬も両方発症するケースもあります。2年以上にわたって同様の症状が見られた場合、季節性うつ病と診断されます。

原因

原因ははっきりしておらず、日照時間が関係あるのではないかといわれています。

それは、日照時間が夏期に比べて冬季は短く、その冬に患者が多いこと、日の当たる時間が短い北国ほど患者数が多いということがその理由で、光を浴びる時間の変化が体内のリズムを崩すのではないかと考えられています。

日照時間が比較的短い北国に住む季節性うつ病の患者が日照時間が長い南の地方に引越したところ、症状が改善したという例もあります。

日光にあたるかどうかということですから、建物の中で働き、ほとんど日に当たらない人の場合はどうなるのでしょうか。

現に、日本においては、都会にもこの種の患者が多いようです。こういった事実も日照時間が関係していると考えられる一因です。

特定できる原因がある場合は別

季節性うつ病といっても、特定できるはっきりとした原因がある場合は別です。たとえば、毎年冬になると仕事がなくなるような季節労働者で、仕事がない時期に落胆してうつ症状が出るような場合です。

そのような場合は、症状の原因が季節にあるわけではなく、「仕事がないこと」にあるので、季節性のうつ病とはいえません。

季節性うつ病の症状

この季節性うつ病にはどのような症状があるのでしょうか。一般的なうつ病と同様、気力の減退があります。

季節性うつ病の場合、寝つきが悪い、朝早くに目覚めるといったことはなく、やたらと眠くなって、睡眠時間が多くなります。

加えて、ほとんど活動しないにもかかわらず、食欲が増加し、たくさん食べるというのも独特の特徴です。特に炭水化物や甘いものを欲しがり、活動しないので、太ってしまいます。

季節性うつ病には上記のような症状があります。冬型は過食気味になるのに対し、夏期うつ病の場合、食事の量は減少するのが一般的です。

他のうつ病と同様、症状が軽いと、苦痛を伴いながらも日常の生活…学校、家事、仕事などをなんとかこなすことができます。

しかし、症状が重いと、本人に多大の苦痛をもたらし、社会的、職業的な機能を奪い、日常の生活を送るのが困難となります。

治療

季節性うつ病の場合、抗うつ薬はあまり効果がなく、照度の高い光を一定時間浴びる光療法を行います。また、日光浴もよいとされています。人間は太陽の下でこそ元気に生きてゆけるようにできているのかもしれません。