愛着障害「意地っ張りでこだわりが強い」

jhgytd654

安定した愛着スタイルの持ち主は、柔軟性があります。

こだわり続けるのではなく、気持ちを切り替えたり、相手に合わせたり、譲歩したりすることができます。そのような柔軟性は安心できる愛着関係の中で発達するものです。

わかっていてもやめられない

対照的に愛着障害の人は、意地っ張りでこだわりが強いという面があります。普段はそんなにわからなくても、ストレスがかかると急にそのような態度を表すかもしれません。

意地を張り続けても何もよいことがないと理解しているのに撤回しません。否定するとますますその頑固さは強固になってしまいます。このような頑固さはどのように身につくのでしょうか。

受けるべき愛情を受けれなかったことへの無意識の怒りの表明

不安定な愛着環境の中で育つと柔軟性を身につけることが難しく、自分を保つためにこだわりを身につけます。

もし親が愛着障害の可能性が大きく、柔軟性に欠けている場合、その子供も同じようなスタイルを身につけます。

愛着障害が重くなるほどこの症状ははっきりと表れます。本当は相手の愛情に素直に応じればよい、応じたいとわかっているのに、わざと抵抗してしまいます。

他の人にはそんな本人の気持ちはわからないため、ただの「頑固者」「意地っ張り」「あまのじゃく」などとみなされてしまいます。

本人にはわかっているのにわざと抵抗してしまうのは、受けるべき愛情を受けれなかったことへの無意識の怒りの表明です。

人に厳しくなる

意地っ張りでこだわりが強く、柔軟性に欠ける態度は周囲の人との関係を良好に保つうえで障害になります。柔軟性のなさは、他の人への見方に影響します。

社会的なモラルに反する人の行動を見た時、どのように反応の違いが生じるのか見る実験が行われました。

その結果、安定型の人は厳しい罰を与えることをできる限り避けようするのに対し、不安型の愛着障害スタイルの人は、厳しく罰するべきという見方をすることがわかりました。同じものを見ても、反応の仕方がその人の愛着スタイルによって違ってきます。

上記のように、特に不安定型の愛着障害の人は、自分の価値観から外れている人に対して厳しく評価する傾向があります。

また、あるがままを受け入れることも苦手です。安定型の愛着スタイルを持つ人はその人のあるがままを見て受け入れることができます。

不安定型の愛着スタイルを持つ人は事前情報や偏見に流されやすく、それがあるがままと違う場合、先入観にとらわれて事前情報や偏見を優先させてしまいます。

このように愛着障害の人は、自分自身のこだわりが強く、意地っ張りです。特に不安型愛着の場合、人に厳しいという傾向があります。